水と油の法則

森です、

「水と油」

という言葉には
ネガティブな印象が
あると思います。

会社や学校などでも、
性格が合わない人同士を
指す時などに使いますね。

「あの人とあの人は水と油だから」

みたいな。

また、こんな言葉もあります。

「よく会う友人5人の平均年収が
自分の年収である」

“つるみの法則”

とも言いますが、
これはあながち
間違ってないと思います。

なぜこうなるかと言うと、
収入や役職などで違いあると、
当然、会話も違ってきます。

生活環境も違えば、
使うお金も違います。

よって、自分とちょうど良い、
居心地のいい人たちでつるむようになり、
おのずと平均値が決まってくるというわけです。

だからと言って、
今すぐ周りの友人たちとの
関係性をやめた方がいいとは
僕は思いません。

いろんな人と
普段から交流することで
見えてくるものもあります。

でも、常にメンバーが一緒、
という場合は要注意です。

僕は普段から、ずっと
同じメンバーといることを
好まない性格です。

天の邪鬼というか、
なんというか苦笑

なんとなく群れるのが
イヤになってくるのです。

なので、定期的に、
久しぶりの友人にも会います。

また、仕事もプライベートも充実している、
尊敬できる友人・知人とも会います。

起業したばかりの頃は、
自分よりうまくいってる人と
会うのがイヤな時期がありました。

こんなに苦しんでいるのに、
自分より遥か上のステージに
進んでいる人を見ると、
何だか惨めな気持ちになるからです。

今思い返しても、
恥ずかしい過去です。

そんな時に限って、
誘ってくれたりもするのですが、
素直に出向けなかったこともあります。

今、当時の自分に
もし何か伝えられるとしたら、

「自分がイヤだと思う場所に
積極的に出向け」

と言いたいです。

仕事もプライベートも充実している人が
集まる場所に出向いていく方が
良いエネルギーをもらえます。

自分が無意識に抵抗してしまう、
そんな環境こそ、成長の場所です。

パートナーと出会えたり、
ビジネスチャンスもあります。

当然、自分もそうゆう場所で
なにか価値提供できるように、
普段から情報を仕入れたり、

相手に得を感じてもらえるように
鍛錬しておく必要もあります。

「この人(場所)、何だかな・・・」

というところに、
チャンスは眠っています。

冒頭で、水と油、と書きました。

多くの人は”水と油”と聞くと
ネガティブな印象を持ちます。

でも、水と油が交わって、
ドレッシングになります。

一見、相性が悪そうな組み合わせでも、
アイデア次第で最高の結果になることも
実はあります。

相性が悪そうだからと
先入観で判断することないように、
意識することが大事です。

現状に満足することなく、
常に成長していきましょう。

イヤだなと思う人でも、
意外に良い人だったりします。

イメージだけで決めつけず、
いろいろな角度からその人を見て、
コミュニケーションしていくのが
良いと思います。

森公平メールマガジン【無料】

お気軽にご相談ください

お問い合わせ