ライオンの成食率

森です、

2019年も折り返して、
7月がスタートしました。

暑い夏が始まると同時に
今年の後半戦はどんな面白いことを
しようかと考え中です。

ひとまず秋には留学へ。

今のところ地中海に浮かぶ
マルタ島を予定していますが、
英語、少しずつ頑張ってます。笑

さて、今日は少しビジネスネタを。

先日、2泊3日で
ある合宿に参加してきました。

10名ほどの少人数で、
がっつり作り込みをする
ビジネス合宿でした。

もう新しい発見をしまくりで、
とてもいい刺激になったのですが、
あらためて僕がこれまでやってきた
コンテンツビジネスについて再認識しました。

・コンテンツビジネス
・情報起業

など、呼び方は
何だって良いのですが、
やっぱり起業の最初の
ステップはこれだなと。

なにせ、

・資金ゼロでOK
・一人で可能
・在宅で可能

というローリスクな環境から
誰でもいつでも始められて、
それでいて、

・高利益
・継続収入も可

という強みもあります。

飲食店を開いたり、
店舗を開業すると、
それだけで莫大な
お金がかかります。

これらはリスクでしかないですが、
コンテンツビジネスの場合は
一切のリスクがない状況から
始めることができるわけです。

でも、なかなかうまくいかなかったり、
現状に満足いってない方も多くいます。

一方で、うまくいく人もいます。

何が違うのか?
僕なりに考えてみましたが、
まず真っ先に思うのは、

「手数の多さ」

です。

当たり前のことですが、
うまくいく人は手数が多い。

複数の会社を経営する
ある先輩経営者は、
1つ単位で事業を考えていません。

常に10個くらいの
アイデアを考えていて、
常に小規模でテストしています。

で、うまくいかなかったものは
すぐに損切りです。

うまくいったものだけ残して、
一点集中して展開していく。

この切替というか、
取り組みがものすごく早い。

もちろんこれは経験もあるからで、
経験が少ない初心者の方が
同じようにするのは難しいです。

でも、

・スキルなし
・資金なし
・コネなし

であれば、なおのこと
手数で負けてたら何も
変わりません。

むしろ失敗を恐れず、

1,できることをやる
2,少しずつ成果を出す
3,それをネットで発信する

という3ステップを
とにかく実践することです。

そして、1〜3を繰り返すことで、

4,知名度があがる
5,仕事に繋がる
6,JVに繋がる

という流れになり、
ブレークスルーします。

うまくいってる人は、
この1〜3の手数が
圧倒的に多いです。

これは全員に共通してる点。

かつ、これが最短で
成功する法則だと思います。

ここでの大事な考え方は、

「成功ではなく成長にフォーカスする」

ことです。

成功にとらわれると、
(そもそも成功の定義も曖昧ですが)
行動できなくなります。

理想と現実に
ギャップがありすぎると、

隣の芝生が青く見えたり、
簡単片手間のノウハウに心奪われたり、

ろくなことがありません。

ではなく大事なことは
昨日の自分より1ミリでも
成長することです。

たとえ小さな一歩であっても、
その積み重ねがとんでもない
世界へ行ける唯一の方法です。
(イチローの受け売りです笑)

でも、本当にそう信じて、
僕も日々、1ミリずつでも
成長するべく行動しています。

・・・

そんなことを考えていたら、
先日、面白い話を知りました。

百獣の王と言えば・・
武井壮ではなくライオンです。

ジャングルを制する存在であり、
孤高のハンターでもあります。

そのライオンですが、
シマウマなどの動物を食べて
生活しています。

が、そのシマウマを
食べられる確率は
20〜30%ほどだと言います。

10回チャレンジして、
2〜3回です。

「え、低っ!」

と思いませんか?

百獣の王です。
ジャングルの王者です。

そんなライオンでさえ、
成約率ならぬ成食率は、
2割から3割なのです。

ライオンに比べたら
僕たち人間なんて
弱い生き物です。

10回チャレンジして、
1回でも成功すれば大成功です。

ユニクロの柳井さんが言う、
「1勝9敗」というのも
正しい考え方だと思います。

そう考えたら、

・どれだけ成功したか?

なんてどうでも良くて、

・どれだけチャレンジしたか?
・どれだけ失敗したのか?

にフォーカスした方が、
きっと人生はうまくいくはずです。

いえ、失敗ではなく、
これが成長なんだと思います。

成功より、成長。

こちらに重きをおいて、
2019年後半もふりちぎって
行動していきましょう!

今日のメールが
何か参考になれば嬉しいです。

いつもありがとうございます。

森公平

森公平メールマガジン【無料】

お気軽にご相談ください

お問い合わせ