人生が変わる2人の物語

森です、

「人生を変えたい」

多くの方が考えています。

僕も普段セミナーをするので、
多くの方とお話してきました。

が、人生が好転した人もいれば
数年前と変わらずにいる人もいます。

どちらの人も努力しています。

ぼーっと過ごす人も多いですが、
何かやらないとと行動して、
日々、懸命に生きています。

でも結果に大きな差が生まれます。

何が違うのでしょうか?

僕はそこに「意識」の差が
あると考えています。

例えば、
ある先輩経営者の言葉で、
こんな一文があります。

・・・

2人の男がレンガを積んでいた。

「君たちは何をしているんだ?」

と尋ねると、一人は

「レンガを積んでいるんだ」

と答えた。

もう一人は、

「教会を造っているんだ」

と答えた。

そして二人の未来は、
まったく違うものになった。

・・・

この2人の男性は、
同じことをしていました。

でも、結果に
違いが生まれました。

ただ闇雲に作業として
行動している人か、

そこに目的を持って、
意識して行動している人か、

同じことをしていても
意識1つで結果は変わるのです。

とても素晴らしい話だと思います。

また、こんな逸話もあります。

ゴルフのプロを目指す
2人の男性がいました。

才能も同じで、
現状のスキルも経験も
ほとんど同じです。

でも、Aさんは毎日素振りを
1000回していました。

一方、Bさんは
毎日100回しか
素振りをしませんでした。

果たしてこの2人は
どちらが先に結果を
出したでしょうか?

「1000回も素振りをしたAさん」

と思うかもしれません。

でも、答えはBさんです。

なぜなら、Aさんは1000回も
素振りをしていましたが、
ただ漠然としていました。

変わったのは腕の筋肉が
異様に発達したくらいです。

Bさんは100回しか
素振りをしませんでした。

が、一振りに集中して、
意識して素振りしていました。

その結果、Bさんの方が
より最短で成功できたのです。

・・・

さて、あなたは
どうでしょうか?

そもそもぼーっとして
何も行動していなければ、
何かを始めましょう。

何者かにならなければ、
人生は変わりません。

すでに何かを始めている方は、
そこに意図があって、意識をして
日々の実践に取り組んでいるか?

今一度、考えてみましょう。

目標を持って取り組んでも、
モチベーションが下がって続かない、、
なんてことはよくあります。

ビジネスだけでなく
何だって同じです。

行動するのは大事。

でも、量だけを見て
漠然と行動しても、
そこに価値はありません。

それ以上にちゃんと考えて、
質を高めることが大事です。

最初は量でもOK。

最初から質を求めても
手が止まってしまいます。

なので、量をこなしながら
ある一定のラインを超えたら
質を求めていくのがベスト。

やる気や、モチベーションは、
すべての人の課題でもあります。

やる気やモチベーションを
自在にコントロールして、

燃える気持ちをずっと
キープできたらどれだけ
良いかと僕も考えました。

英会話に取り組んでいるものの
なかなか気持ちが入らない時もあります。

やり続ける環境も大事ですし、
なぜやるのか?という理由も大事。

とは分かっているものの、
やっぱり続かないことも
多々あるんですよね。汗

こんな時、何をするのが
効果的だと思いますか?

ぜひ、一度考えてみて下さい。

今日のところは
以上になります。

またメールしますね。

森公平

森公平メールマガジン【無料】

お気軽にご相談ください

お問い合わせ